スキルアップの転職とスキルダウンの転職

今の状況よりもスキルアップしたい!
それも大きな転職の理由ですよね。
そんなスキル向上を考えて転職を考えている人へのアドバイスです。

■「良いスキルアップのための転職」とは「自分のやりたいことを実現するために」です・
今の現状に対する不平や不満だけで転職すのではなく、今よりレベルアップするための行動が「スキルアップの良い転職」なのです。
このことは是非スキルアップで転職を考えているあなた自身に問うてみてください。
なぜなら「スキルアップのための転職」は今よりずっとハードで大変な仕事が待っているからです。
今より楽で簡単な仕事ならお給料などそんなに変わりません。
またリストラも真っ先に転職気味からさえるものです。

■スキルアップが見えにくい営業職の場合

ここでいうスキルアップといっても単に取得した資格を活かすためとは限りません。
典型的な例が「営業職」の転職です。
営業職は数字で簡単に評価が決まる反面、目に見えない部分もかなりあります。
よくあるのが
「会社の看板が一番の営業マンだった」
というケースが多いので注意してください。
確かにスキルアップyを考えているあなたは成績優秀なトップ営業マンかもしれません。
でもそれが会社の商品の魅力が80%
あなたの魅力がわずか20%だったらどうしますか?
でもこれってなかなか自部hん自身には見えないんですね。
ついつい
「この会社の業績は俺が一番貢献してきた
 なのにこんな給料じゃやってられない」
そう愚痴を言って転職を考えてはいませんか?

営業職では
「何を売るか?」
と同じように
「どう売るか?」
も重要です。
あなたのスキルは
「どう売るか?」
なのですが、あなたには自信のあるものがありますか?
もし、あなたが他のものを売ることになったら今以上の成績を残す自信はありますか?

ただ
「収入が安定しないから」
「飛び込み営業が辛いから」
では次も同じ失敗を繰り返す可能性が高いのです。
ソラノメ soranome 口コミ

職安では美味しい公共職業訓練コースは教えてはくれないから自分で探す

転職を決断しうて会社を辞めたが、あなたがなにか技術や知識を得たいと思うのなら公共職業訓練コースという物を知っておいて欲しい。

転職先を探して職業安定所に相談しに行くと職安の係官が
「こんないい公共職業訓練コースがあるから入ってみれば」
とすすめてくれることもある。
公共職業訓練コースはさまざまな媒体で調べることもできるからぜひチェックして欲しい。

ただ調べ」てみたら服飾ファッション関係の公共職業訓練コースがあり、転職先もその分野を考えていたのでぜひその公共職業訓練コースに入りたいと職安の係官に訊くと
「そんなコースは無い!」と断られることもある。
他の公共職業訓練コースのことでも
「それは対象年齢が30歳以上の方だけです」とか言われることもあります。
しかし、気を付けて欲しいのがそれが必ずしも正しいことがないこともあります。
実は職業安定所の係官は公共職業訓練コースのことまであまり詳しい知識をもっていないこともあるのです。
実際に公共職業訓練コースに直接問い合わせると
「年齢に関係なく入れますよ」
「ファッション関係の公共職業訓練コースもありますよ」
ということもあるそうなのです。
ロレックス ボロボロ 形見 修理

■ 自治体の「失業者が受講できる職業訓練施設」の一覧をチェックしてください

各自治体では「失業者が受講できる職業訓練施設」の一覧のパンフレットを作っています。それを職業安定所でもらうのが確実です。
その時に技術専門校のパンフレットしかくれないこともあるおでポリテクコースのパンフレットも貰ってください。
インターネットでも
「雇用能力開発機構」のホームぺージにアクセスして、あたなの住んでいる地域の受講可能コースを探すのが手っ取り早いです。
注意しなくてはいけないのが入校時期が雇用保険の切れた後ですと失業給付の延長はありませんから募集時期をしっかりと確認しておいてください・できれば前回の募集の時の競争率も調べておきましょう・

競争率を調べるのは、競争率が高いのはそれだけ時代の流れにあった再就職で役立つコースであり、逆に競争率が低いコースは今の時代にはあまり役立つことがなくなってきていることもあるからです。

転職癖がつく悪い転職の例

ちゃだ会社の不平や不満だけが原因で会社を辞め、転職しようとしてもうまくはいきません。
なぜなら新しい会社を探す時にその採用担当者から必ず
「前の会社を辞めた理由はなんですか?」
と質問されます。
まあ、直接的でないしを間接的にそれに類した質問が来るでしょう。
その時に、ズバッと前の会社の不平や不満をぶちまけられますか?
転職を繰り返す人、つまり転職癖のつく人はコロコロを会社を変えます。
好景気で深刻な人で不足ならば多少のことは採用担当者も目をつぶるかもしれせん。
でも、今は不景気です。
それでも人で不足で困っている会社はそれこそどんどん退職者が出ている会社なのかもしれません。

転職癖のある人はどんどん条件の悪い会社にしか転職できなくなってくるのです。
自分の生活もあるのでなにがなんでも次の勤務先を見つけなければいけません。
しかし、なかなか自分の思い通りの会社なんか見つからないし採用で受かることはありません。
しぶしぶ不本意でも
「生活のために」
「妻や子供のために」
と雇ってくれるというだけで会社を選らばざるおえないのです。

振り返れば
「採捕の会社が一番良かったなぁ・・・」
と後悔しても後の祭りです。
宅配型 トランクルーム 比較

■転職するならスキルアップを目指せ!

良い転職とは
・自分のやりたいことを見つけ
・どれができる会社に挑み
・意欲を買われる
・希望する職種で腕を振るう
だと思います。

転職する意味と目標を自分の中に明確に持っていなくてはいけません。

例えば入社してすぐに
「この仕事は俺には向かない」
と感じた人がいるとします。
でも、すぐには辞めようとせず
「とにかくとりあえず1年間は頑張って、仕事がひと通り理解できるまでやってみよう」
と会社を客観的にみるのです。
これが後で役に立ちます。
その会社の長所と短所がわかれば次の会社の長所と短所を見抜く一番の参考事例になります。
自分のやりたいことを見つけ、いったい自分が何をしたいのか?
これがしっかりと自分の中で確信に変わるまでは転職は慎重になってください。