移動もしんどいし、滞在もしんどい

どこかに行こうと思ったら、労力がかかります。

滞在するってことも、最初は動かなくていいので楽だと思いますがずっと同じところにいるのは辛くなってきますよね。

転職も同じようなものかなと思います。

瞬間的な移動に比べたら転職・結婚は一大事だと思われるし、僕もそう考えてきました。

結論から言うとどちらも一緒(笑)。

先日、テレビ番組で素敵な選TAXIというドラマをやっていました。

タクシーで数十分から数時間もどって戻った先で先程の行いを変更できると言うドラマです。

バカリズムさんが脚本のドラマなのでシリアスっぽいお笑いのテイストなドラマでしたが、行く先々に選択はともなうっていう物語です。

人生もドラマだと言われたりしますがドラマだったらうまくいくストーリーが見えちゃう。

なぜかって言うと客観的に見えるからですよね。

判断に迷ったら客観的にテレビの中の自分をどうやって操作するのかを考えるのが良いと思っています。

ただし、僕がそうなのですが人間って客観的に考えているつもりでも、ほんとにつもりなんです。

他人のふりして、まるでテレビの中の出来事と思ってどれが良いか考えたとしても絶対主観があります。

というか、主観の上に成り立つ客観的なので客観的ではそもそもないように思うのは僕だけでしょうか(笑)

一番いいと現状思っているのは直感。つまりなんとなく。

これが書けるということは自分に関係ないから書けているだけなのですが、考えてもそもそもうまく行かないはずなのです。

転職しないでうまく行っている人、なぜか転職をとどまって生活も順調な人もいます。

また逆に転職や脱サラで以前の会社にいていたよりももっと楽しく過ごせているという方もいると思います。

ただ、これってあくまで結果論なんです。

努力はしてきたかもしれませんが、努力している日本人は4500万人以上います(笑)。

どっちに向かっても。どちらの選択をしたとしてもうまくいくと信じれるのが一番なんでしょう。

どうやって自分を信じるのかって言うのが難しいのですけどね(笑)

さかなくんのギョギョギョっていう生き方が素晴らしいのかもしれません。

さかなクン ウォーターサーバー

 

仕事を辞める前に転職活動をするのは必須

転職は勢いでするもんではない。転職を考えている理由は様々だと思います。他にやりたい仕事が見つかった人もいれば、ステップアップの為に転職する人もいます。でも割合的に多いのは今の仕事がしんどいから転職をする人です。そういう人は勢いで転職をしてはいけません。一度今の会社が、今の仕事を本当に手放しても大丈夫なのか考えてみてください。冷静な判断ができない状態になっている可能性があります。とりあえずやめてから探そうは一番危険です。辞めてからすぐに仕事が見つかるとは限りません。私がオススメする方法は、在職中に転職活動をすることです。なぜこの方法がオススメかと言うと、転職することで今の会社の良さに気付くことがあるからです。仕事内容はしんどいけど給料や福利厚生に関してはかなり良い条件だったなとか、いざ仕事を探してみると今住んでいる地域で募集しているところがなくかなり通勤時間がかかってしまう会社しか募集していないなどでてくる可能性があります。もちろん逆のパターンもあります。転職活動をすることで、もっと楽しそうな仕事がたくさんあることに気付いたり、条件面で今の自分がかなり損をしていることに気付いたりすることもあります。そういった面で、仕事を辞めてしまう前に次の仕事を探すアクションを起こした方が良いと思います。現職と同じ職種に転職するのはもちろん良いですが、実は自分の天職が他にもあるなんてこともありますから転職する時は一度広い目でいろいろな職種を探すのも良いと思います。IT系に疲れた人が飲食店へ転職するなんてことは良く聞きます。パソコンの前に一日中いることに気持ち的に疲れて、接客でお客さんと触れ合ったり料理を作ったりする仕事に自分の居場所を見つける事もできます。厨房機器 買い取り 兵庫
厨房機器 買い取り 兵庫 まとめますと、現状維持のままいるか思い切って転職するか決めるのは仕事を辞める前に一度仕事を探すことで本当の自分の気持ちがわかるはずです。

アナログの腕時計は転職を有利に進められるアイテム!?

新型コロナショックで世界の経済は大混乱しています。
日本も例外ではなく一気に収入が下がってしまった人もたくさんいますよね。
こんなときは正社員の人はある意味、勝ち組と言えるのかもしれません。
とりあえずは会社から給料をもらえるわけですから。
ただ、勤めている会社が新型コロナの影響を大きく受けているというのなら、転職も視野に入れたほうがいいかもしれませんね。
今は給料がもらえていたとしても、売上が下がれば会社も払う給料がないので人員削減をせざるを得ません。
転職にはリスクがありますが、今の会社に勤めているともまたリスクと言えるでしょう。
サラリーマンはとりあえず毎日会社に行っていれば給料をもらえるので、自営業の人たちに比べるとリスクは少ないと思われがちですが、これからの時代はそうも言っていられないのではないでしょうか。
これまでは1つの会社に長年勤めるのが美徳とされてきましたが、新型コロナショックをきっかけに世間一般の考え方が変わってくるかもしれませんね。
つまり、転職してステップアップしていくのが当たり前の時代が到来するかもしれないということです。
いずれにしても、1つの会社に依存するというのはリスクがあります。
どこの会社にいっても通用するスキルを身に着けることが大切です。
もし仮に転職する場合、半年から1年ぐらいの期間をしっかりと確保するというのも1つの方法です。
転職はできるだけ空白期間を少なくしたいところですが、そう都合よく好条件の会社が見つかるとは限りませんからね。
つまり、「自分で自分の時間を買う」という考え方で転職にのぞむというわけです。
転職活動と言っても毎日求人チェックや面接に行くわけではありません。
むしろ、それ以外の時間のほうが長いくらいです。
そういった時間は自分のスキルを磨く時間にあてるようにするといいでしょう。
半年から1年の転職期間をしっかりと確保すれば、長期間じっくり会社を探すことができると同時に自分のスキルも磨けるというわけですね。
でも、時間を確保したとしても時間を無駄に浪費してしまうと元も子もありません。
転職期間中の時間管理はものすごく重要です。
時間管理にはスマホやスマートウォッチを使うこともできますが、あえてアナログの腕時計を使うというのも良い方法です。
アナログの腕時計なら毎日充電する必要もなく、会社の面接のときにも付けていける上、さりげなくおしゃれも演出できます。
私が最近見つけたノードグリーンの腕時計はシンプルで美しいデザインなのでおすすめできる腕時計です。
ヨーロッパのブランドですが、日本での本格的な店舗展開が始まっています。
ノードグリーン 店舗
近所にノードグリーンの店舗があるようなら外出ついでにのぞいてみてはいかがでしょう。
店舗に行くのが面倒なら公式オンラインショップを使うという手もありますよ。
時間管理をしっかりと行なって転職やこのさきの人生を有利に進めていきましょう!

今まで正しいと思ってきた常識が間違っているかもと気づいたら?

「好きなことを仕事にできる人なんてごくわずか、そんなに世の中甘くない!」なんてことを誰かに言われたことはありませんか?
特に親から言われたという人は多いんじゃないでしょうか。
わたしは、仕事というのは「嫌なのが当たり前」と思っていました。
そんな嫌なことでも、毎日前向きに進んでいける人が立派な社会人だと思い込んでいました。
また、会社というのは定年まで同じ会社に居るのが理想で、転職するのは好ましくないとも思っていました。
でも、今ではこれらの考え方は正しくないように思えます。
やりたいことをやったほうが効率はいいんじゃないかと思うわけです。
嫌な仕事や嫌な会社にずっといたら、鬱になってしまうことだってあるかもしれません。
このように180度考え方が変わったのは、思考停止状態から抜け出せたからだと思っています。
学校を卒業して、社会経験もない人間が、最初から自分にベストな会社を見極められるわけはありません。
合わないと思ったら、さっさと次を探すほうがよっぽど効率的なんじゃないでしょうか。
もちろん、転職するなら次の会社がすぐに見つかる保証はないので、しばらく収入がゼロになってしまうかもしれません。
でも、やりたくもない仕事でずっと会社にしがみついていては、一生ストレスを抱えながらの人生になってしまいます。
今はつらくても、責任と覚悟をもって未来を切り開いていくことが大切なんじゃないでしょうか。
ところが、多くの人は現状維持を選んでしまいます。
「面倒なことは避けたい」
これは人間に備わった本能なので、ある意味仕方のないことなのかもしれません。
本能に逆らうのはとても難しいことですからね。
もし、あなたがプログラミングに少しでも興味があるなら、プログラミングスキルを身に着けることをおすすめします。
その理由は、ITテクノロジーが普及した現在、パソコンとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも仕事ができるようになるからです。
また、今のIT市場はエンジニアが不足しているので完全に売り手市場です。
この状況はしばらく続いていくでしょう。
プログラミングスキルを身に着けることができれば、自分に合った転職先を見つけられる確率が高くなるはずです。
プログラミングを身に着けるためにおすすめなスクールはコーチテックです。
普通のプログラミングスクールよりも値段が良心的です。
コーチテック 値段
でも、値段が安いからと言ってスクールの質が悪いわけではありません。
専属のコーチが担当してくれて、その人に合ったオーダーメイドの教材を提供してくれるので、スキルを習得するのにとても効率的なんです。
だから、お金も時間も節約できるというわけですね。
プログラミングスキルを身に着けて、自分に合った会社を見つけてくださいね!