職安では美味しい公共職業訓練コースは教えてはくれないから自分で探す

転職を決断しうて会社を辞めたが、あなたがなにか技術や知識を得たいと思うのなら公共職業訓練コースという物を知っておいて欲しい。

転職先を探して職業安定所に相談しに行くと職安の係官が
「こんないい公共職業訓練コースがあるから入ってみれば」
とすすめてくれることもある。
公共職業訓練コースはさまざまな媒体で調べることもできるからぜひチェックして欲しい。

ただ調べ」てみたら服飾ファッション関係の公共職業訓練コースがあり、転職先もその分野を考えていたのでぜひその公共職業訓練コースに入りたいと職安の係官に訊くと
「そんなコースは無い!」と断られることもある。
他の公共職業訓練コースのことでも
「それは対象年齢が30歳以上の方だけです」とか言われることもあります。
しかし、気を付けて欲しいのがそれが必ずしも正しいことがないこともあります。
実は職業安定所の係官は公共職業訓練コースのことまであまり詳しい知識をもっていないこともあるのです。
実際に公共職業訓練コースに直接問い合わせると
「年齢に関係なく入れますよ」
「ファッション関係の公共職業訓練コースもありますよ」
ということもあるそうなのです。
ロレックス ボロボロ 形見 修理

■ 自治体の「失業者が受講できる職業訓練施設」の一覧をチェックしてください

各自治体では「失業者が受講できる職業訓練施設」の一覧のパンフレットを作っています。それを職業安定所でもらうのが確実です。
その時に技術専門校のパンフレットしかくれないこともあるおでポリテクコースのパンフレットも貰ってください。
インターネットでも
「雇用能力開発機構」のホームぺージにアクセスして、あたなの住んでいる地域の受講可能コースを探すのが手っ取り早いです。
注意しなくてはいけないのが入校時期が雇用保険の切れた後ですと失業給付の延長はありませんから募集時期をしっかりと確認しておいてください・できれば前回の募集の時の競争率も調べておきましょう・

競争率を調べるのは、競争率が高いのはそれだけ時代の流れにあった再就職で役立つコースであり、逆に競争率が低いコースは今の時代にはあまり役立つことがなくなってきていることもあるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です