社名やq肩書を外したあなたに誰が協力してくるのか?

あなたに突然取引先の担当者から転職の挨拶があったらどうしますか?
「今度 てんしょくすることになりました。今まで通りの仕事を今度は新しい転職先でお願いいたしmさう。」
さて、あなたはそんな申し出に簡単に「OK!」と言えますか?

その担当者を心の底から信頼しているのであればその申し出に快諾できるかもしれません。
しかし、今までの取引はその担当者の魅力ではなくその会社の商品の魅力だったらどうしますか?
なにも今までの会社との取引を転職の挨拶に来た担当者の新しい会社に変える義理も理由もないはずです。

転職するか?今の会社で続けるか?
その判断で重要なのは相手の立場になった視点です。
今までのあなたが担当しているおky区様はあなたが転職した先でも変わらずに取引をしてくる自信がありますか?
お客様が仕事を発注してくれるのは、会社のなめを信用し、自分がたまたまその立場にいるからなのか?
担当している自分を本当に信頼・評価してくれているのか?
そのあたりを見極めておく必要があります。

仮にそれがどんなに自分の力だと思えていても
m会社の属しなおかつ一定の役職にいるからだと心得ておきましょう。

得てしてそこそこの役職の方ほどプライドが捨てられません。
あくまでその実績は会社の中でこそ実現できたことがわからない方が少なくないのです。
そんな方ほど取引先にはぞんざいな態度をとっていることに気が付かないのです。
あなたにする寄ってくる人の多くがあなたの会社に魅力やあなたの役職にすり寄ってきていませんか?

転職でも独立でも一からのスタートになります。
ですから
「信用も実績もまた一から築き直していく」
くらいの決意と覚悟が必要です。
それが会社に依存しない生き方なのです。

さて、あなたに会社やその肩書を外しても
「また一緒に仕事がしたい」
と言ってくれう人は何人いるでしょうか?
その自信が無かったら転職は慎重になる方がよいでしょう。
会社に不平不満を嘆く人の多くが自分を過大評価しがちです。
一度 冷静になって自分の評価を見直してみませんか?
離婚 住宅ローン 妻が住む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です