失業保険をアテにしているなら辞めるタイミングを間違えるな

転職や独立を考えていて今の会社を辞めることを考えた時に、頭をよぎるのが「退職金」や「失業保険」のことでしょう。
ここで気をつけたいのが
「もう少し我慢していたら退職金や失業保険ももっともらえたのに」
という後悔なんです。

独立や転職を考えているのならば、退職金の支給条件である就業規則をしっかりと確認しておく必要があります。
また本来の意味では失業保険は独立準備期間中の人には受給資格がありません。
ただ再就職の選択肢も残しておきたい人は辞める前に雇用保険の加入期間も確認しておかなければいけません。
最悪1日違いで受給資格が得られなかったり、受給金額が大幅に変わったり
という笑えない話もよくあるのです。
また失業保険委には退職理由によっても受給できる期間や支給日数が変わります。
自分の都合で退職する自己都合、会社の事情による会社都合
このあたりは会社に掛け合ってでも「会社都合」になると助かります。
なぜなら、意外といみなさん知らないのがこの「会社都合」という退職理由はリストラだけでなはいのです。
会社都合とみなされる退職理由ぶついてみ自分が該当するものがばいかどうか?チャックしておきましょう。
■会社都合とみなされる退職理由
・入社したら、採用条件(給与・勤務時間・職種・勤務地)と実際があまりにも違っていた。
・給与を下げられた李、2か月以上不払いがあった。
・セクハラやモラハラがあった。
・会社から退職を促され、仕方なくそれに応じた。

以上に該当する場合は、退職前に最寄りのハローワークに相談して、会社都合と認めてもらう手続き方法を核確認しておいてください。

■雇用保険の加入期間でチェックしておくこと

・入社日
必ずしも入社日が保険加入日でないこともよくあります。
被保険者となった日付も必ずチェックしておきましょう。
・勤続期間12か月以上
基本手当の給付90日
45歳以上60歳未満で会社都合の退職の場合は給付に数が180日に

・勤続期間5年以上
30歳を超えていて「会社都合」の場合給付金が2倍になる

・勤続期間10年以上
自己都合や定年退職の場合は給付金が1か月上乗せ
会社都合の場合おは給付金が増額
にゃんがーど 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です